学習指導

学力レベルを向上させる確かな指導と最高の環境

熱意ある教員による、質の高い授業を展開

授業評価・授業改革の実施
本校では質の高い教育をめざし、つねに教育改革を進めています。また教員自ら意識改革を行い、授業改善のために「新学力観に基づく評価・評定基準の策定」「生徒・保護者・同僚教員による授業評価アンケートの導入」「ベストティーチャー制の導入」などに取り組んできました。このようなシステムも定着し、生徒たちの学ぶ意欲も高まり、“わかりやすい授業”、“生徒が主体的に取り組む授業”を展開しています。

スーパーサイエンスハイスクールである高校との連携

理数科教育と英語教育の充実
本校の併設高校は、文部科学省からSHH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を2012年度から5年間さらに更新し、研究者・大学教授陣による講座を開講するなど独自の研究開発に取り組んでいます。中等部でも高校との連携により、最先端の科学技術にふれる理数科教育を実施しています。また英語教育では、ネイティブの教師陣の指導に加え、English Summer Campやニュージーランド海外英語研修旅行などの英語研修を全学年で実施しています。本物の英語を体験し、学ぶ機会を多く設けています。

わかりやすい授業、積極的に参加できる授業の為に

アクディブボードの導入
各教室には、アクディブボード(電子黒板)が設置されています。78インチのアクティブボードにパソコンのアプリケーションを投影して活用します。従来の板書に加え、画像の貼り付け、引用や動画・音響操作もスピーディーにできるため、効率的な授業を行うことが可能です。またアクティブボードには、書いた内容すべてを保存できる、盤面をマス目や五線譜にして円や音符などをかき込める、インターネットに接続できるなどの多くのメリットがあります。精度の高いビジュアルや音声を教材にした授業は、「わかりやすい」「楽しい」と生徒たちにも大好評です。