学習指導

本校の教育

教育方針

本校は「建学の精神」を踏まえて、社会に対する強い使命感と豊かな人間性を育む教育を目指します。
人を愛し、人に愛される心豊かで、明朗闊達な人材を育成する。
学習意欲を高め、基礎学力の充実を図るとともに、広く教養を求める態度を養う。
部活動への積極的な参加により、心身ともに健全な人格を培う。
積極的な学校生活体験を基に、自主自律の精神を養う。

教育目標

熱意と実力のある教員集団によって「話す」「聞く」「読む」「書く」の英語4技能を磨きます。
本校の教育の特徴のひとつとして、6名のネイティブスピーカーと20名以上の優秀な日本人英語教員による、少人数制のオーラルコミュニケーションの学習、国際性豊かな教育を展開し、コンピュータを用いて「話す・聞く・読む・書く」の4技能を伸ばしながら、高校卒業までに英検準2級もしくは2級の合格や、TOEIC Bridge®のスコアアップをめざすCALL授業があります。また、海外研修などの経験を通して、生きた英語力を身につけます。さらに文部科学省スーパーサイエンスハイスクール指定校として最先端の科学技術に触れながら、研究の成果を英語で発表するなどの文理を融合した教育を進めており、その活動の資産を他のクラスでも生かした特徴のある理科教育を行います。

生徒・保護者に明確で開かれた学校として、高等教育(大学教育)に十分耐えうる高い学力を定着させ、徹底した生活指導を行います。
高等学校、大学の7年間の一貫教育を通して、「高校現代文明論」を中心とする授業やホームルーム活動で培った正しいものの見方・考え方のもと、部活動やいろいろな学校行事の中で身体を鍛え、「なぜ?」から始まる自発的な生徒主体・参加型の授業で学び、知能を磨き、高い学力を身につけていきます。そして、大きな夢を持ち、目標を高く掲げ、希望を星につないでほしいと思います。また、生活指導を徹底し、落ち着いた環境作づくりにも力を入れているので、安心して部活動や学習に打ち込めます。

部・同好会活動や特別活動を通じて、体力の向上や健全な人間形成を促すために、指導力・熱意ある教員を配置します。
原則として希望者全員が東海大学に進学できるため、高校が大学受験の予備校化することなく、3年間、部活動や趣味を活かし、本当に自分がやりたい事にじっくりと取り組み、充実した高校生活が送れます。どの部活動でも熱心な教員が指導に当たっており、吹奏楽部、柔道部をはじめ、たくさんの部活動が、全国大会に進んだり、東京都で優秀な成績を修めています。