学校紹介

施設紹介

ここが、学びと成長のフィールド。抜群の環境があなたを待っています。学習をより効果的、実践的なものとするために、本校にはさまざまな施設や設備が完備されています。アリーナやトレーニングルームなどの体育施設はハイレベルの充実度。完全ホール仕様の特注アビテックス設備の音楽室、コンピュータで学習する授業CALLなど、最新機器も数多く導入されています。解放感あふれるカフェテリアや屋上庭園などのアメニティ施設も快適な学園生活を支えています。また、さいたまには人工芝施設の総合グラウンドがあります。

校舎

地上6階・地下3階の校舎。全館冷暖房完備の快適な建物の中で授業や課外活動に取り組めます。各階にコミュニケーションホールを設けているほか、トイレにはウォシュレット、自動水洗、ジェットタオルを設置するなど、随所に細かい配慮がいき届いています。

図書館
蔵書4万冊。ビデオ、DVDの鑑賞も可能な図書館。生徒が自由に使用できるコンピュータも備えています。

実験室
生物・物理・化学の授業を行う実験室。実験用の最新の機器を揃えています。

アリーナ
全校生徒が一同に集える広さを持つ体育館。体育授業のほか式典や講演会などで使用されます。

武道場
柔道、剣道の練習ができる武道場。

トレーニングルーム
主に運動部が使用するトレーニングルーム。エアロバイクなど充実したトレーニング機器が配置されています。

放送スタジオ
各教室のテレビモニタへの映像配信ができるスタジオ付放送室。

茶室
1年生が履修する「茶道入門」の学び場であると同時に茶道部の活動拠点となる茶室。1教室分の広さを誇ります。

カフェテリア
400席を用意したカフェテリア。約30種類もの食事メニューがあります。売店や自動販売機も併設されています。

アクティブボードとタブレットPCの活用
各教室に78インチのアクティブボード(電子黒板)を設置。パソコンを投影しながら授業を進めています。インターネットに接続して動画や画像を見たり、生徒が使用するワークシートの問題を解いたり、教員と生徒が資料を共有しながらスピーディーで効率的な授業を目指しています。また、2015年度より、タブレットPC(600台)でクラス全員が同時に利用できるように導入。教員によるプレゼンテーションだけでなく、生徒から発信された情報を授業に取り入れ、生徒が主体的・協働的に学ぶアクティブラーニングでさらにわかりやすく、記憶に残る授業を展開してます。
なお、2019年度新入生からBYODによる1人一台PC環境で、ICT教育を推進しています。

総合グラウンド

さいたま新都心近くに開設された本校専用グラウンド。3万平方メートルという東京ドームの約2.5倍の広さを誇ります。野球場、サッカー場(兼ラグビー場、陸上競技場)、テニスコートを4面設置。夜間の利用を可能にする18基の照明灯、5基の散水設備が備えられています。2012年3月、サッカー場に人工芝が敷設されました。

(1) 全天候型テニスコート(4面) 2,860㎡
(2) サッカー・ラグビー・アメリカンフットボール・陸上競技場9,030㎡
(3) 野球場13,000㎡
(4) サブグラウンド1,157㎡
(5) クラブハウス(1~3階延べ床面積1,078㎡)

※その他、通路、植採など3,710㎡

グラウンドへのアクセス~さいたま新都心駅まで~
●品川駅からJR線経由で約45分
●泉岳寺駅から都営浅草・JR線経由で約53分
●白金高輪駅から東京メトロ南北線経由で約56分

※さいたま新都心駅からグラウンドまでは徒歩14分です。
なお、平日は学校からグラウンドまでバス送迎を行っています。

クラブハウス
3階建てのクラブハウス。グラウンド全体の管理棟的存在です。

ミーティングルーム(4室)
50人収容可能のミーティングルーム。主に講義や合宿で利用します。

会議室(3室)
畳敷きの和室も用意。

厨房
簡単な調理もできる厨房。合宿時の食事の配膳などで利用します。

シャワールーム
男女各10基のシャワーユニットが備わっています。

医務室
ケガをしたり、気分が悪くなったときの応急処置に使われます。

用具倉庫
部活動で用いる用具を管理する用具倉庫を5室備えています。

専用野球場の夜間照明&ネットフェンス
ナイター照明完備のため、平日夜間の練習も可能です。

カウントボード・スコアボード
見やすいカウントボード・スコアボードで、試合にも集中できます。

テニスコート
全天候型、ナイター照明完備のテニスコートが4面あります。

サブグラウンド
ブルペン、砂場をはじめサッカー・ラグビー・アメフトのアップ場としても利用できます。

ブルペン
サブグラウンドに作られたブルペンで、十分なピッチング練習が可能です。